貧乏という豊かさ。

2018/11/19

南無阿弥陀佛

 

 

秋の日はつるべ落とし。

 

立冬も過ぎ、どんどん日没がはやまっております。

五時も過ぎれば四半時を待たずのあっという間に。

 

気温も下がればテンションも下がるという事で、

冬の夕闇は、格別にさみしさをおぼえるものですが、

青い夕日がほんのりと残るその瞬間は、

本来、目には映らない闇が闇としてそのまま浮かび上がる、

稀有なる瞬間なのです。

 

 「ねぇねぇ、うちは びんぼうなの・・・?」

 

ある日突然、娘が坊守に聞きました。

 

家庭の、金銭的な、経済的な、心配をしていたのでしょうか。

そこで、すかさず坊守は、

 

「そうだよ。」と答えたそうです。

 

それを聞いた娘っ子は「ふ~ん・・・。」と、

納得したような、腑に落ちないような顔をしていたという事でした。

 

(お寺はおかげさまで困窮しておりません。予てよりの御護り、深く御礼申し上げます。)

 

 

-----------

 

「うちはびんぼうなの??」

 

こう聞かれたならば、私はどのように答えるでしょうか?

 

「違うよ、大丈夫だよ。」とか、

「そんなに貧乏ではないよ。」とか、

もしかしたら「あそこよりはマシだよ」とか、

 

なんらかのカタチで「貧乏」を否定をしたくなる気持ちが、

私の中からは、少なからず起こってくるのが事実です。

 

-----------

 

今から30年ほど昔、私が小学生であった頃。

 

何かどこかの宿題であったか、実際は何であったか定かではありませんが、

【おうちの職業を調べましょう】という課題がありました。

 

しかして、その日の夜、御夕飯も終わった頃、早速父親に尋ねました。

きっと「おぼうさんだよ」とか「おてらさんだよ」とか答えてくれる事を期待しつつ。

 

すると父はニコニコしながら答えてくれました。

 

「ああ、うちはな、乞食やな。」と。

 

当時、結構ショックだったのを、よく憶えています(笑)

 

今にして思えば、何もかにも全てが「恵まれたるもの」だという、

御念佛の信心、その妙なる景色に父は楽しんでいたのでしょう。

 

それにしましても、ショックを受けた当の私は、

幼いとはいえ「乞食」を蔑んでいた事実に相違ありません。

「乞食にはなりたくない。」「貧乏は嫌だ。ダメだ。」との思いがあったのです。

 

 

畢竟、「貧乏=不自由」と思い込んで、嫌っていたのですね。

 

 

子供ですから、表面に出てくる気持ちや言葉は「貧乏はカッコ悪い」という程度でしょうが、

自分が嫌う、そのような境遇にはなりたくないし、なっているとは認めたくないのは事実です。

 

「貧乏」とは、「不自由」の象徴であり、「不自由=不幸」と執われていたのです。

 

そしてその背景にあるのは、私の無限の欲望。

あるもの、あることに満足が出来ない、取り付く島もない一面の沼、底なしの沼。

 

 

いかにお金があっても、この身に不自由が少なくても、

私が「無いもの探し」に執心する限り、これを正しく「貧乏」というのです。

 

 

如来様の智慧は、「不自由≠不幸であるのだ」と、

私をして「あるものの尊さ」に目覚ましめる御教えです。

それは同時に、そのおかげさまを踏みにじり、他所から幸せを手に入れようとする、

痛ましき我が身を悲しませます。

 

「我こそ貧乏なり」とうなだれる足元眼前には、

私独りでは抱えきれぬほどの豊かな風光がひろがっているのです。

 

 

 

 

 

跡取り息子は現在小学1年生。

そのうちに、私も聞かれるようになるかもしれません。

 

もしも、そう聞かれたならば、私も坊守と同じく

 

「貧乏(ゆたか)だよ」と、ニヤニヤしながら答える事でしょう。

 

 

 

 

信心のひとこそ、たとえ病の床に臥せようとも達者と呼ばれるべきである。(川瀬和敬 師)

 

 

合掌

 

 

【過去の ごえんさんだよりは、コチラからお願い致します。】

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン

​©2018立法寺