私が居なくても、大丈夫だ。

2018/05/18

南無阿弥陀佛

 


前回、坊守が素敵なお味わいを寄せて下れたので、「もう今週は書かなくても良いかな!」と一瞬ウキウキしていたのですが、「そもそもはじめから、別に書かなくても良いんやで」という有難い声が聞こえてきましたので、大きくうなづきつつ、今日もポチポチ、キーボードとにらめっこです。

 私は仕事が遅いのです。

 

 

恐らくこの時点で、ものすごく頷かれている自信があるのですが、36年間この身とお付き合いさせて頂きまして、この原因の一つが「(私の思うレベルで)完璧な仕事をしたい願望」が極端に強いという所にあると思っています。

 

しかし「完璧なものを仕上げる」のは目的ではなく、ある事を受ける為の手段なんです。


では、いったい何が目的かと言うと、

「すごい事をして」相手をびっくりさせたい。


もっと言うと、ほめられたい。お礼を言われたい。

 

そうです、「ええかっこしぃ」なんですね。

 

そして、ほめられたらほめられたで、最後には“謙遜”で飾ります。

 


・・・救いようがないとは、正に私の為にある言葉でありました。

 

 

 

以前からこんな私ですので、当然仕事が溜まります。

そして「忙しい、忙しい」と毎日やっておるわけです。

 

 

 

高校時代も変わらず、部活に明け暮れ、アレコレ忙しくしておりました。

 

そんな中、ふとした折に体調を崩したのですが、それでも「僕が行かなきゃダメなんだ!」と登校しようとした際、

 

父がニコニコしながら、こう言ったのです。

 


「知道は、本当に欲張りだなぁ。」と。

 


「別に知道がいなくても、大丈夫だぞ。」と。

 

 

当時は、父の言葉の意味を考えようともせず、むしろ「励ましの言葉は無いのか」と腹を立てながら、結局そのまま家を飛び出したのでした。

 

 

 

しかし今にして味わえば「僕が行かなきゃダメなんだ」とは、


「僕が行かなきゃ(思い通りに出来ないから)ダメなんだ」や

 

「僕が行かなきゃ(ほめてもらえないから)ダメなんだ」とか

 

「僕が行かなきゃ(誰かに手柄を取られるから)ダメなんだ」という

 

気持ちが含まれているものなのですね。

 

 

 

大丈夫。

 

他人は、あなたは、私の人生の脇役じゃないんです。

 

私が居なくても大丈夫。

 

結果は、きっと私の思った通りにいかないでしょうが、でも大丈夫。

 

 

 

あれから20年を経て、そのような「声なき大音声」が聞こえてきます。

もちろん私が気付かなかっただけで、とうの昔から掛けて頂いていたのが申し訳ない限りです。

 

 

これまでも、これからも、もし私に賜る仕事があるならば、

それは御縁の妙に許され授かったもの。

 

私はその事に慚謝しつつ、もう少し「ええかっこしぃ」でいさせてもらいます。

 

 

 

私が居なくても大丈夫、大丈夫。

だからこそ、精一杯の日暮らしなのです。

 

 

合掌

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン

​©2018立法寺