この夏、一番うるさいのは誰だ。

2018/07/13

南無阿弥陀佛

 


ぐんぐん気温が上がります。

いよいよ夏が到来です。

 

お日様はいつもと変わらず私を照らしてくださいますが、

暑い暑いと私は日傘に隠れます。

 

お日様はいつもと変わらないのですが、申し訳ない事です。

梅雨が明け、蝉の声が鼓膜を突き刺すようになりました。

毎年思いますが、本当に、賑やかです。

 

自身の昆虫嫌いとも相まって、ああセミさんが恨めしい。

 

夏好きは公言してはばかりませんが、セミさんがお元気になるこれから暫くは、御法事に上がらせて頂く際に、頭を手で覆いながら庭木の下を速足で潜り抜けるという、私だけの過酷な修行が始まります。

 

 

このように喧々たる境内の有様ですが、いやいや庫裏も負けてはおりません。

 

家の中では、今日も子供達があっちへバタバタこっちへバタバタ・・・。

 

「わんぱくでもいい たくましく育ってほしい」

 

・・・そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

 

今は、もう少しおしとやかでも良かったかなと思ってしまう今日この頃。

 

ああ、これでは耳の休まる暇がありません。

殺虫剤を撒くか否かの瀬戸際が、間も無くやってくることでしょう。

 

 

そんな折、

 

 

日差しの強い晴れ間のある日、ご来寺になった御方が仰いました。

 

「はぁ~、ここは沢山日陰があって涼しいですね。」

 

その御言葉にうながされて外を拝めば、突き抜けるほどの青空と、あふれるほどの樹々の碧さ、枝葉のやわらかさ。

 

そうでした。

 

生まれてこの方、そこにあった、私には「当たり前」の風景。

 

しかし本当は、無数の先師が汗を流し、御心を尽くされ残して下さった、かけがえのない樹木、樹木。

こんなに素晴らしい日陰だもの、そりゃあセミさんもお越しになるよね。

 

 

 

願われて、私は既に沢山のものに恵まれていたのです。

 

私が勝手にこしらえる「当たり前」が、「おかげさま」を覆い隠して、自分勝手の物差しで、良しや悪しやと忙しくしていただけなのでした。

 

 

そうです、蝉の声よりも、子供の声よりも、一番煩いのは、私自身でありました。

如来様のお出ましが、そんな眼のない私のまぶたを確かに開かしめるのです。

 

 

蝉の声が響くのも、子供達が元気なのも、私が忘れているだけで、御縁の賜物、恵まれもの。

 

 

勿論、だからといって、彼らが静かになるわけではありません。

が、彼らを静かにさせなければ、幸せになれないわけではないのですね。

 

如来様に気付かしめられたそんな風光を頼りにしながら、この夏もお付き合いさせて頂きたいと念ずるばかりです。

 

 

合掌

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン

​©2018立法寺