讃められるは恵み。

2018/03/09

南無阿弥陀佛

 

 

降りしきる雨は潤いでもあり、災厄でもあり。
しかし雨はただ雨として、降りしきることを思い知らされたいと念じます。
 

 

 

過日、然る大切な御方の祝賀会へお招きに与りました。

法衣ではなく、ネクタイを締めての参上に道中緊張しきりでしたが、

ご用意頂いた席次の妙にお助け頂き、心安い地元のご親族の皆様方と共に、

和やかなひとときに恵まれました。

会場では、あの方この方が、今日の主役を讃えます。
しかし主役が讃えるのは、有縁のあの方この方のおかげさま。

誰ひとりとして自らをほこる人の居ない、

然る御方のお人柄そのままの、

楽しくやわらかな、そしてカッコいい素敵な御縁でした。

 

 

「ほめる。」

 

私という人間は「ほめる」ことが出来ません。

自己の中から「ほめる」という行いを絞り出すことが出来ません。

 

私がしてあげた「ほめる」はどう足掻いても「おべんちゃら」です。

損をせず得をするなら、どれだけでも、綺語が口から溢れ出すのです。

 

我が身の濁りは消えず絶えず止まらず。

如来の悲しみは、涙のかわく暇がありません。

 

 悲しみの心をもつことのできないわれらに向かって、

 おおいなる悲しみの心をおこされたのが、如来の大悲である。(川瀬和敬 師)

 

あなたを讃めずにおれないつき上げは、

私に先んじて、あなたが居ればこそ。

 

誠の「ほめる」とは、私が誰かに「あげる」ものではなく、

あなたから私が「いただく」おもいだと、深く知らされたいものです。

 

 

合掌

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン

​©2018立法寺