我こそは鬼。

2018/02/23

南無阿弥陀佛

 

 

雪解けの待ち遠しい時節となりましたが、残寒はまだまだ身を震わします。

寒さの中にあるほど、脈打つ血潮の温かさがいとおしくなると知りたいものです。

 

 

 

今月に入って間もない頃、跡取りが幼稚園でお豆さんを授かってきました。

嬉しそうにお豆さんの袋を振り回しながら、「うちで豆はまかないの?」の言葉。

 

どのように応えるべきか、素直に迷い、一瞬、時が止まりました。

 

 真宗寺院に節分会はない。

 鬼が自身の内に見出されるのが佛教だから。

 

ガッツリ真宗のお坊さんらしく応えようか、

それとも「父ちゃんがお豆さん食べるの苦手だからまかないよ」と濁そうか、どうしようか…。

 

同時に、幼い頃、同じような質問を父親にした記憶も思い起こされます。

そういえば、父にはピシャリと「私には必要ない」と言われたのでした。

 

 

 

「鬼は外。福は内。」

 

“真宗では豆まきをしない”…「しない」だけなら簡単です。

 

しかし、「しない」からと言って、悪をはらって、善を求める豆まき根性が私になくなったかと言うとそうではない。私は常に、嘘をつきながら生きています。

 

世間では、自分とは別に「悪」を作って、ひたすらに鞭を打って喜ぶ姿が目に付きますが、

実は私自身の日常と変わりがないという事に気付かず、悲しまないのが他ならぬ私。

 

「自分は正しい、他人が間違っている、という言葉ほど残忍なものはない」

と、太閤秀吉は書き遺していらっしゃいますが、それを他人に当てはめるのが、私の得意技のようです。

 

 

そんな私こそを救わんと、如来様ははたらかれます。

 

お念佛の響くところにこそ、

私こそ鬼であったとうなだれさせ、鬼の悲しみをも包むあたたかいうなづきがあるのです。

 

 

我こそは鬼。如来とともにある鬼。

 

 

お豆さんが苦手な私は、まさに鬼ですね。

 

合掌

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン

​©2018立法寺