違えたのは、私。

2018/02/16

南無阿弥陀佛

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニア。

 

 

 

普段、君の名を聞いても「大変だね」程度で済ませていた私に、

この度、恵まれることとなった傷病。

 

昨年末から痛みやしびれを感じても、

得意技の「なんとかなるだろう」で過ごしていたら、

年明けには全く走れなくなるほどの痛みを覚えるようになりまして、漸く、

昨日、御同行さんにお勧め頂いた整形外科さんに診て頂いて発覚しました。

 

結果、先ずは消炎剤服用からのチャレンジとなりまして、お薬を授かる私。

 

 

ご存知の通り、薬ひとつ授かるのも今は至れり尽くせりで、

薬剤師さんから丁寧に説明を頂くと同時に、素敵な説明書が添付されます。

 

説明書大好き人間の私ですから、隅々まで拝読し、熟読し、そして服用となりますが、

大きな字で「1日2錠」と記載されているところを、

 

何故か「1回2錠」として服用していることに、今朝、気が付きました。

 

 

間違った用量で既に2回服用(つまり2日分を1日で飲んだ)している事に

今朝、読み直していた素敵な説明書さんに教えて頂くまで気が付かなかったのです。

 

幸いにして困るほどの副作用はなかったものの、

なんとも間抜けな話であります。

 

 

嗚呼、どんな名医の診察も、どんな妙薬の効能も、

服用する輩がいい加減な私だと、台無しにしてしまうのですね。

 

 

見えているようで見えていない。

見たいようにみて、飲みたいようにのむ。

そんな癖の私。

 

 

薬は飲むものではなく、飲ませてもらうもの。

 

「忘れておった、忘れておった。」

 

そんな悲喜こもごもの金曜日の朝でありました。

 

 

合掌

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン

​©2018立法寺