永代経って何?

​もうすぐ永代経だね、もりちゃん!

せやね!!永代経やね!

・・・で、なにするの?

ご先祖様が永代成仏できるようにおまいりするの?

​あー・・世間一般にはそう考えるところもあるね。

世間一般にってことは、高田派はちがうの?

​高田派での永代経っていうのは

 「千部読む 花の盛りの 一身田」本山御影堂前の句碑です。芭蕉の門人珍碩が本山大法会「千部法会」に群参する善男善女の方々を詠まれたものです。1680年に始まったこの千部会法会が、今日、各寺院では永代経法会(法要)といわれるもので、春秋の気候の良い時期で、農閑期を選んでつとまることが多いようです。

 この法会は「永代にわたって、お経を上げる法会」ということですが、その意味はお経(経典=教え)をいただく人々が、私たちだけにとどまらず、子々孫々続いていくことを願っての法会といえます。

 それだからこそ、おつとめの後、必ず法話がもたれます。善導大師も「聖教はこれをたとうるに鏡の如し。しばしば尋ねれば知恵を開発す」といわれています。聴聞を重ね、念佛のいわれを深く尋ねて、はじめて名利(名声と利得)に迷う自らの生きざまを知らされるのです。空しく過ぐることのないよう、また、真に願うべきことは何かを教えられます。

 したがって、永代経法会とは、わが先祖への単なる追善供養(慰霊)ではありません。わが身に尊き仏法が届いたのも、ご先祖がみえたからこそと、遠き宿縁・法縁を喜び、仏縁の場がさらに広がるようにとの思いから営まれるものです。そして、そのための懇志も納められています。

 亡き人をご縁として、納められた永代経懇志は、仏法ひろまれというご先祖(仏さま)の願いに応えるべく、法会の費用となったり、布教伝道のための教材・設備購入費にあてられたり、仏具やお飾り、あるいは本堂・境内の修理費等に用いられたりして、仏法興隆のためにつかわれています。

 お寺で法会がつとまる時には、こぞって参詣し、最後まで聴聞しましょう

​©2018立法寺